stress and reward brain

心理学・脳科学/Psychology・Neuroscience 記事/Article

2021/11/11

脳科学的にストレスは報酬への喜びややる気を下げる!前頭葉と報酬系の低下

・ストレスはどのように脳に影響するのか? ・ストレスでやる気が出ない… ・どんなストレスが特に悪いのか? 多くの現代人を悩ませるのが「ストレス」です。 仕事のストレスや家庭でのストレス、友人などとの人間関係のストレスなど様々なものがあります。 電車の隣の席に着くおじさんのマナーにストレスを感じる短期的なものもあれば、何か月も何年もイライラする慢性的なストレスもあります。 ストレスは心理的にだけではなく、脳科学的にも大きな影響を及ぼします。 ストレスは、特に、誰かから贈り物をもらった時の喜びの感情や仕事・勉 ...

ReadMore

トークイベントとセミナー

未分類

2021/10/24

イベントのお知らせ

【サンクチュアリ出版さんとトークイベントを行います!】 テーマは「感情の仕組みを理解して、明日からのQOL(生活の質)を上げる!」です。 ■ イベント説明・内容 このセミナーでは、皆が悩む感情の脳科学的な仕組みをわかりやすく解説します。 なぜ「今日は良い日だな」と思えるのか? 「幸福」「ポジティブ感情」「Well-being(ウェルビーング)」などの脳科学の研究からその秘訣を丁寧にお伝えします。 気分の良い状態と悪い状態の仕組みを理解すれば、あとはどのようにして良い状態にもっていけばいいのかを知るだけです ...

ReadMore

concept

未分類

2021/10/24

本サイトのコンセプト

「心理学」「脳科学(神経科学)」と聞いて何をイメージしますか? よくテレビとかで聞くけど・・・ 「心理学や脳科学って何をやっているのだろうか?」 「心理学や脳科学がどう役立つのか?」 「心理学や脳科学が私たちの日常生活に関係するのか?」 このような疑問が頭に浮かぶと思います。 実際、心理学はイメージとのギャップが激しいことで有名です。 なので、本サイトでは、身近な話題から心理学や脳科学の研究を紹介しようと思います。 初学者からちょっと興味がある人、心理学等を学んでいる人、専門家までもが有意義だと思える情報 ...

ReadMore

心理学・脳科学/Psychology・Neuroscience 経済学・経営学/Economics・Marketing 記事/Article

ポジティブなフィードバックは他人のやる気を上げるのか?心理学が解明!

・フィードバックを上手く使えば、他人をやる気にさせられる?

・なぜフィードバックがやる気を上げるのか?

・フィードバックが作用するメカニズムを知りたい!

会社が学校で成績を上げるためにフィードバックがよく使用されています。

フィードバックには種類があり、代表的なのが、ポジティブなフィードバックネガティブなフィードバックです。

ポジティブなフィードバックは、正解であることを伝えたり、勇気づける言葉を伝えたりするフィードバックです。

一方、ネガティブなフィードバックは、不正解であることを伝えたり、誤った部分を指摘するフィードバックです。

では、これらのフィードバックは、本人の成績だけではなく、やる気まで上げるのでしょうか?

いろんなビジネス書や教育書の類では、フィードバックはやる気にも効果的だと主張しています。

経験レベルでもそう思えますが、実際はどうなのでしょうか?

今回は、フィードバックのやる気への効果とメカニズムについて心理学と経営学を頼りに紹介します。

本記事では以下のことが学べます。

1. フィードバックは本当にやる気まで上げるのか?

2. フィードバックの与え方によって効果が変わるか?

3. フィードバックがなぜやる気に影響するのか?

4. フィードバックが人に作用するメカニズムとは何か?

スポンサーリンク

①ポジティブなフィードバックは個人の意思決定に影響する。

長年心理学では、フィードバックが記憶や学習に効果的であることが示されてきています。

しかし、ことやる気(モチベーション)に関すると、途端に研究が少なくなります。

これは、フィードバックはやる気にあまり影響しないことを示しているのでしょうか?

この憶測に対して、経営学がフィードバックは人間の意志決定に作用することを示しています。

Barr & Conlon (1994)は、三人一組のチームを組んで、それぞれ自分に与えられた仕事の役目をこなし、チームで成績を上げるゲームを実験参加者にさせました。

各フェーズの終わりに成績がフィードバックされ、グループ単位での成績のフィードバック、個人単位での成績のフィードバック、他のメンバーがどんなフィードバックを受けたのかをそれぞれ知ることができるようになっています。

なお、ある程度ゲームをした後、ジョブローテーションで役割を変えるかどうかの意志決定をそれぞれさせています。

グループ・個人・他のメンバーが受けたものの三種類のフィードバックがどのように個人の意思決定に作用するのかを調べています。

ジョブローテーションを維持するかどうかがフィードバックによって変化するかどうかを見たのが以下の図です。

positive feedback and group, individual distribution

縦軸は、ジョブローテーションを維持する意志の強さ。

横軸は、グループ単位でのフィードバックがポジティブ(+)かネガティブ(-)かを示します。

+ Individualは、個人単位で本人が得たフィードバックの種類を示します。

-++ distributionは、自分を含めた三人のメンバー全員が受けたフィードバックの種類を示します。

つまり、+ Individual, -++ distributionは、自分はポジティブなフィードバックを受けて、メンバーの一人がポジティブ、残りの一人がネガティブなフィードバックをそれぞれ受けたという条件が示されています。

図より、最も重要なのが、一番上の+ Individual, -++ distributionの場合のみです。

この条件では、グループ単位のフィードバックがネガティブな場合は他の条件と意志決定に差はありませんが、グループのフィードバックがポジティブな場合、ジョブローテーションを維持しようとする意志が強いことが分かります。

これは、グループ単位と個人単位のフィードバックがポジティブで、なおかつ他のメンバーと比べて自分のフィードバックが多数派であり、ポジティブな場合でのみ生じます

三つ~四つぐらい条件がそろってようやくフィードバックが意志決定に作用しそうです。

なお、他の分析では、自分のフィードバックがネガティブでも、他のメンバーを加味して自分が多数派であれば、グループ全体でポジティブなフィードバックを得た場合、ジョブローテーションが維持されやすいことが示されています。

いろんな好条件が重ならないといけませんが、フィードバックが意志決定に影響しそうです。

スポンサーリンク

②パフォーマンスのフィードバックがやる気を上げるのは、仕事の曖昧さがなくなるとき!

先ほどの研究では、フィードバックが人間の意志決定に作用しうることがわかりました。

では、具体的に、成績や仕事のパフォーマンスに対するフィードバックが有効なのはなぜでしょうか?

それを示したのが、Kaymaz (2011)です。

Kaymaz (2011)は、質問紙とインタビューで企業のマネージャー層を調査しました。

パフォーマンスに対するフィードバックの体制などを加味して分析した結果が以下の図です。

the effect of feedback on motivation and mechanism

この図は、左のパフォーマンスに対するフィードバックがKaymaz (2011)が想定した五つの要因のどの要因が作用してモチベーションに繋がるかを示した図です。

  • Decrease performance ambiguityは、具体的にどのようなレベルのパフォーマンスが必要なのか、あるいはパフォーマンスがどのくらい足りないのかを明確にすることです。
  • Development of manager-subordinate relationshipは、フィードバックによってマネージャーと部下の関係性が良くなることです。
  • Facilitating achievement of goalは、フィードバックによって目標達成に向けて後押しすることです。
  • Personal developmentは、フィードバックによって個人の成長が促されるということです。
  • Adaptation to changeは、フィードバックによって柔軟に対応することです。

結果としてこれら五つの内、モチベーションに繋がったのは、一番上のどのくらいパフォーマンスが足りないのかを明確にすることのみでした。

他の四つの要因はモチベーション向上につながりません。

なので、仕事上でフィードバックをするときは、どんなレベルのパフォーマンスが必要なのかを明確に伝えることです。

単に「これではダメだ。もっと改善しろ!」ではなく、「今は○○の状態だけど、△△の状態までもっていってほしい」と言えば、やる気upにつながるかもしれません。

スポンサーリンク

③まとめ

以上より、フィードバックとやる気との関係性について見てきました。

まとめると以下のようになります。

  • ポジティブなフィードバックがいくつも重なることで意思決定に作用する。
  • パフォーマンスに対するフィードバックでやる気が上がるのは、どのようなパフォーマンスが必要なのかをあいまいにせず明確にすること。

結局、ポジティブであれ、ネガティブであれ、フィードバックはモチベーションを上げるのでしょうか?

今のところ答えは「」です。

ただし、学習や記憶などのパフォーマンス向上にはプラスに働くことが知られています。

これらの研究をきっかけにフィードバックとやる気との関係性の研究が進むかもしれません。

心理学・神経科学(脳科学)・精神医学の発展のために寄付をお願いいたします。

Please donate for the development of Psychology, Neuroscience, and Psychiatry

 参考文献

Barr & Conlon (1994). EFFECTS OF DISTRIBUTION OF FEEDBACK IN WORK GROUPS. Academy of Management Journal, 37(3), 641-655.

Kaymaz (2011). Performance Feedback: Individual Based Reflections and the Effect on Motivation. Business and Economic Research Journal, 2(4), 115-134.

スポンサーリンク

-心理学・脳科学/Psychology・Neuroscience, 経済学・経営学/Economics・Marketing, 記事/Article

Copyright© Theories:アカデミアをあたりまえに Academia for All , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.