tips of flexible control

心理学・脳科学/Psychology・Neuroscience 記事/Article

2022/8/12

柔軟に考え行動するための脳科学的秘訣とは?報酬とポジティブ感情。

・柔軟な頭になりたい。 ・凝り固まった狭い思考から抜け出したい。 ・社員の柔軟性はどうやって高められるか? 私たちの日常は意志決定の連続です。 お仕事では多くの決断を下しています。 そのため、何かを決める時は、いろんな側面から多面的に柔軟に考えられることが大切です。 しかし、そのような思考や行動の柔軟性はどうやって上げたらいいのでしょうか? 以前の記事では、柔軟な意志決定の際に知っておくと便利なことを脳科学の知見を基に話しました。 Theories:アカデミアをあたりまえに Academia for Al ...

ReadMore

the counselling effect on depression

精神医学/Psychiatry 記事/Article

2022/7/26

カウンセリングはうつ病に効果があるのか?抗うつ薬と心理療法との比較

・カウンセリングは意味あるの? ・カウンセリングはそもそも心の病に有効なのか? ・抗うつ薬治療や心理療法と比べてどうなの? 人が心や対人関係で悩んだ時に利用するのがカウンセリングです。 カウンセリングは、話を聞いてもらって心の健康を回復させるイメージがある。 では、近年増え続けるうつ病にもカウンセリングは効果的なのでしょうか? 精神科に通って抗うつ薬治療をするものの、医師には薬の調整をしてもらうだけで長時間話を聞いてもらえない。 そんなうっぷんが溜まっている人も多いと思います。 それなら、カウンセリングで ...

ReadMore

flexible decision making

心理学・脳科学/Psychology・Neuroscience 精神医学/Psychiatry 記事/Article

2022/7/8

柔軟に意志決定をするのが苦手な理由:心理学と脳科学による疾患研究の見解

・ものごとを柔軟に考えたい。 ・いざという時に、思考が凝り固まってしまう。 ・正解や良い決定をするのが苦手 私たちは、日常生活でもお仕事でも、多くの意志決定をしています。 夜ご飯は何を食べようか? 明日の休みは何をしようか? という行動レベルの意志決定から、 どの選択が最も効率が良いのか? など長期的に影響する大切なことまで様々です。 しかし、意志決定に際しては多角的に柔軟にできないと今の世の中では生き残れなくなってきました。 それでも、別の選択肢を考慮して柔軟に意志決定をすることが苦手な方は多いのではな ...

ReadMore

未分類

本サイトのコンセプト

「心理学」「脳科学(神経科学)」と聞いて何をイメージしますか?

よくテレビとかで聞くけど・・・

「心理学や脳科学って何をやっているのだろうか?」

「心理学や脳科学がどう役立つのか?」

「心理学や脳科学が私たちの日常生活に関係するのか?」

このような疑問が頭に浮かぶと思います。

実際、心理学はイメージとのギャップが激しいことで有名です。

なので、本サイトでは、身近な話題から心理学脳科学の研究を紹介しようと思います。

初学者からちょっと興味がある人、心理学等を学んでいる人、専門家までもが有意義だと思える情報を載せていきます。

全ての記事が、実際の研究にそくしたエビデンスを基にしたものです。

-未分類

Copyright© Theories:アカデミアをあたりまえに Academia for All , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.