stress and reward brain

心理学・脳科学/Psychology・Neuroscience 記事/Article

2021/11/11

脳科学的にストレスは報酬への喜びややる気を下げる!前頭葉と報酬系の低下

・ストレスはどのように脳に影響するのか? ・ストレスでやる気が出ない… ・どんなストレスが特に悪いのか? 多くの現代人を悩ませるのが「ストレス」です。 仕事のストレスや家庭でのストレス、友人などとの人間関係のストレスなど様々なものがあります。 電車の隣の席に着くおじさんのマナーにストレスを感じる短期的なものもあれば、何か月も何年もイライラする慢性的なストレスもあります。 ストレスは心理的にだけではなく、脳科学的にも大きな影響を及ぼします。 ストレスは、特に、誰かから贈り物をもらった時の喜びの感情や仕事・勉 ...

ReadMore

トークイベントとセミナー

未分類

2021/10/24

イベントのお知らせ

【サンクチュアリ出版さんとトークイベントを行います!】 テーマは「感情の仕組みを理解して、明日からのQOL(生活の質)を上げる!」です。 ■ イベント説明・内容 このセミナーでは、皆が悩む感情の脳科学的な仕組みをわかりやすく解説します。 なぜ「今日は良い日だな」と思えるのか? 「幸福」「ポジティブ感情」「Well-being(ウェルビーング)」などの脳科学の研究からその秘訣を丁寧にお伝えします。 気分の良い状態と悪い状態の仕組みを理解すれば、あとはどのようにして良い状態にもっていけばいいのかを知るだけです ...

ReadMore

concept

未分類

2021/10/24

本サイトのコンセプト

「心理学」「脳科学(神経科学)」と聞いて何をイメージしますか? よくテレビとかで聞くけど・・・ 「心理学や脳科学って何をやっているのだろうか?」 「心理学や脳科学がどう役立つのか?」 「心理学や脳科学が私たちの日常生活に関係するのか?」 このような疑問が頭に浮かぶと思います。 実際、心理学はイメージとのギャップが激しいことで有名です。 なので、本サイトでは、身近な話題から心理学や脳科学の研究を紹介しようと思います。 初学者からちょっと興味がある人、心理学等を学んでいる人、専門家までもが有意義だと思える情報 ...

ReadMore

心理学・脳科学/Psychology・Neuroscience 記事/Article

血液型性格診断・脳トレ・アドラー心理学の事実

・B型は自己中だから嫌だ

・この右脳トレーニングをすれば頭がよくなります

・嫌われる勇気を持ちましょう

今や聞かない日がないくらい人気の学問となった心理学

人気を博したゆえに誤解されていることが多いです。

例えば、現在の心理学では、フロイトやユングをほとんど(全く)勉強しません

もちろん、専門にしている方はいますが、基本的には深く勉強しません。

このように心理学には誤解と言う名の悪魔が深く根付いています。

それを本記事で払拭しようと思います。

悪魔祓いの始まりです!

スポンサーリンク

衝撃の事実① 血液型性格診断

世間では、「B型は自己中」だとか「AB型は変人」だとか血液型によって性格タイプが分かれると言います。

また、血液型同士の相性とかも本でちらほら見かけます。

しかし、研究では、血液型と性格の間には関係性を見出してはいません

この図は、世界的に有名な性格テストを血液型で分けて検査した結果です(久保&三宅, 2011)

どの血液型でも、どの項目も数値はほぼ同じで、統計学的にも血液型によって性格に差があるとは言えません

 次の図に説明はいらないでしょう。

同様に久保&三宅(2011)からの抜粋です。

どの血液型も、自分の血液型項目に対して数値が高い訳ではありません

O型項目だけ若干違いはありますが、むしろ、O型の人がO型項目を「当てはまる」と答えた人が少ないことを示しています。

血液型相性に関する研究はないと思われますが、血液型と性格に関係があるとは言えない以上、血液型で人間同士の相性もあるとは言えない思われます。

スポンサーリンク

衝撃の事実② 脳トレ

 「脳を鍛える」というような脳トレ広告が町中やインターネットに溢れています。

メディアや書籍媒体で、高齢者のための脳トレグッズ脳トレクイズなど様々なものがあります。

しかし、学術的には、いわゆる「脳トレ」は効果があるとは言えないと結論づけられています。

この図は、最低でも週三で一日10分間の脳トレを6週間続けた人の脳トレ前(青)と脳トレ後(赤)の認知機能テストの結果です。

一番右の”control group”は比較するために脳トレをしなかった人たちの成績です。

青いバーが脳トレ前の成績。

赤いバーが脳トレ後の成績。

どの検査でも脳トレをした人と脳トレをしていない人の間で差がありません(Owen et al., 2010)。

ただし、自分が練習した項目では成績は上がります。

例えば、テトリスをやっていたらテトリスだけやたらと上手くなるとかです。

脳トレをしても全体的な能力が向上するとは主張できず、俗に言う「頭がよくなる」とは言えません。

スポンサーリンク

衝撃の事実③ アドラー心理学

最近流行りのアドラー心理学ですが、学術的にはアドラー心理学を取り上げる研究を心理学専攻者はほとんど見たことはないと思います。

そもそもアドラーの名前すら載っている教科書はまれです。

それこそ、アドラー心理学に特化した専門書くらいです。

臨床心理学でも亜流の位置だと思います。

なぜ取り上げられないかというと、私の推測ですが、アドラー心理学の方法論は臨床現場で使えなかったからだと思われます。

なぜかビジネス界隈では、「アドラー心理学」の本が飛ぶように売れ、アドラー心理学が幽霊のように独り歩きしています。

しかし、成仏してあげるのがアドラーためになるのかもしれません。

ちなみに、かの有名な科学哲学者カール・ポパーは『推測と反駁』アドラー批判を行っています。

論理が明快で読んでいても面白いのでぜひご興味のある方はそちらをご参照ください。

ただし、私は、アドラー心理学を学ぶ意義が全くないとは思いません

その辺だけご理解を頂けたら幸いです。

心理学・神経科学(脳科学)・精神医学の発展のために寄付をお願いいたします。

Please donate for the development of Psychology, Neuroscience, and Psychiatry

参考文献

久保&三宅(2011)「血液型と性格の関連についての調査的研究」吉備国際大学研究紀要 社会福祉学部 (21), 93-100.

Owen et al. (2010). Putting brain training to the test. Nature, 465(7299): 775–778.

カール・ポパー『推論と反駁』

 

スポンサーリンク

-心理学・脳科学/Psychology・Neuroscience, 記事/Article

Copyright© Theories:アカデミアをあたりまえに Academia for All , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.